ユースケースがイメージ出来たら最短でいいWEBサービスつくれる→コピーライティングも同じ

先日、起業している大学の友人とひさびさに話していました。

どういう話かというと、スキルはなくともどんなサービスをしたいかユースケースがイメージできていたらプログラマー初心者でも2倍の成長スピートがあるということ。

なぜここまで成長スピートがあるかというと、ユースケースがイメージできることで、目的がブレないからです。

ユースケースとは、利用者があなたの使っているサービスを使って喜んてくれている絵が描けているかどうか、です。

登山に例えると、頂上が見えているので、あとは登るためにどの道をたどってどういう食料、服装で行くべきかが見えている状態です。

逆にスキルがあってもユースケースがイメージできていないとブレる

ユースケースをイメージしていないと、プログラムはめちゃ詳しいのに、コードを書いているうちにプログラムの知識を深堀りして、サービスとあまり相関関係がないことに時間を費やすのです。

実際に僕も秋ごろにWEBサービスをリリースさせるためにLP作ったり、デザインしたりしてますが、デザインも凝りだしたらそこに時間をたっぷりかけてしまうのです。

ユースケースをイメージすることは最短のリリースにつながる→コピーライティングも同じ

寄り道しないようにするためにも、サービスをリリースするためにどこに時間をかけるべきことかどうかを自問自答して、ユースケースを想定しながら進めていくことが無駄をそぎ落とす(よって成長スピードも飛躍する)ことができ、最短の期間でリリースできます。

これはコピーライティングでも同じことが言えます。

コンテンツを作っていると、これも重要だから入れておこう、と目的とは少しずれた情報を盛り込でしまうことがあります。

そうしてしまうと、読者からすると、何を言いたいのかが明確にならず、かえって読みにくい文章になります。

そうならいためにもコンテンツを作るときは何を伝えたいかを明確にする必要がありますね。

P.S.
先週の土曜日に2歳になる息子が「見てー」というのでふと見ると、マグネット式のおもちゃを電車の線路と見立てて作りこんでいました。

イメージ出来ているのでつぎつぎと線路をつくるために必要なパーツだけを集めてつなげていました。

usecase
これもユースケースを想定していたんでしょうね。
(線路を作って電車を走らせるにはどのパーツが必要か)

Web発信力を高め、自由なライフスタイルを手に入れる

僕が独立し、集客に特化したWebサイトの仕事を専門とするまでに至った背景、組み立て方まですべて公開しようと思います。
ただし、サポートコンテンツ(Webサイトの無料添削講座)もメルマガで発信するため、人数はある程度で締め切る予定です。
下記はメルマガ読者さんからの声です。
☑︎実際にランティングページに応用が効く本当に使えるノウハウが多くてびっくりです。
☑︎ザ・コピーライティング、神田さんが監督している本を読んでいましたがこのメルマガではそれ以外の不足部分が補強された感じがします。
☑︎ウェブを通してモノを売りたければ、このメルマガは読む価値がありますね
☑︎ここまで実践的なメルマガは初めてです。ありがとうございます。
☑︎ウェブの成約率が上がる方法を初めての方にでも理解できるようにわかりやすく書かれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

セールスコピーライター兼マーケター。世の中に埋もれている価値をより多くの人に提供する活動を行っています。 新卒後、対面販売の営業でクライアント3,000社から人の心をつかみ信頼を得る方法を学ぶ。 その後、ダイレクトマーケティングの支援会社で、文章だけでモノが売れる仕組みを(通販)学ぶ。(たった3人の会社で売上3億とか) 現在は対面販売と通販の経験を経て、セールスコピーライター兼マーケターとして独立。 対面で人の心をつかみ、通販支援でコピーライティングのノウハウを学んだ経験でクライアントの売上げアップに貢献しています。