ダイレクトレスポンスに必要なOATH(オース)の法則

method

あなたが商品を売りたいって思った時に、ターゲットが
今、どの層にいるのかを「状態」把握する必要があります。
その状態を理解するために、
世界的に有名なアメリカのダイレクト・レスポンス・コピーライター
マイケル・フォーティン氏が提唱しているメソッド
「OATH(オース)の法則」を覚えておくと、
売れるセールスページが書けるようになります。

 

OATH(オース)の法則とは、ポイントは4つです。
お客さんには「無知」「無関心」「考えている」
「苦痛」の状態の人がいる、ということです。

 

【無知】Oblivious(オブリビアス)

無知は存在すら知らない状態です。

例えば、頭皮のマッサージでヘッドスパを勧めるとします。

ヘッドスパすると癒やされるよ、なんて声を掛けたとしても、
「何それ?どこの温泉?」と言っている状態です。

ヘッドスパの存在さえ知らない人に勧めるためには、
普段の疲労の原因、頭皮にはツボがいっぱいあって
刺激することで、リフレッシュできるなど1つ1つ説明していって、
欲求を引き出していく必要があります。

 

【無関心】Apathetic(アパセティック)

無関心はヘッドスパがあることは知っているけど、
全然関心がない状態を言います。
別にヘッドスパなんてしなくても髪はサラサラだし~!
といった感じです。

このレベルのお客さんにヘッドスパをしてもらうには、
どうすれば健康でキレイな髪を保つことができるのか?

などを理解してもらって、ヘッドスパをしてもらうように勧めるが、
手間がかかります。

 

【考えている】Thinking(シンキング)

このレベルはヘッドスパを「考えている」状態です。

ヘッドスパをしたいんだけど、どの店がオススメなんだろう、
という状態です。なので、あとはオススメの店、その理由を
伝えてあげたら、すぐしてくれます。

 

【切望する】Hurting(ハーティング)

このレベルは今すぐにでもヘッドスパをした~~~~い!!!と
切望する状態です。
一番売るのは簡単です。
だた、そのようなマーケットは殆ど無いです。
以上4つのポイントを理解し、
狙った層に向けてセールスページ作りこんでいきます。

セールスページもどこの層に向けて作りこんでいくかによっては
長さが変わってきたりします。
まあ、シンキング層、アパセティック層が多いので、
大体のセールスページはその層に向けての作りになってます。
色々リサーチされてもいいかもですね^^

 

 

 

 

 

以前は書きたいことが文章にできませんでした。しかし、メルマガを読んで1日15分実践するだけで集客出来るブログが書けるようになりました。(読者の感想)

僕が独立し、Webコピーライティングの仕事を専門とするまでに至った背景、文章の組み立て方まですべて公開しようと思います。
ただし、サポートコンテンツ(文章の無料添削講座)もメルマガで発信するため、人数はある程度で締め切る予定です。
下記はメルマガ読者さんからの声です。
☑︎実際にランティングページに応用が効く本当に使えるノウハウが多くてびっくりです。
☑︎ザ・コピーライティング、神田さんが監督している本を読んでいましたがこのメルマガではそれ以外の不足部分が補強された感じがします。
☑︎ウェブを通してモノを売りたければ、このメルマガは読む価値がありますね
☑︎ここまで実践的なメルマガは初めてです。ありがとうございます。
☑︎ウェブの成約率が上がる方法を初めての方にでも理解できるようにわかりやすく書かれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

セールスコピーライター兼マーケター。世の中に埋もれている価値をより多くの人に提供する活動を行っています。 新卒後、対面販売の営業でクライアント3,000社から人の心をつかみ信頼を得る方法を学ぶ。 その後、ダイレクトマーケティングの支援会社で、文章だけでモノが売れる仕組みを(通販)学ぶ。(たった3人の会社で売上3億とか) 現在は対面販売と通販の経験を経て、セールスコピーライター兼マーケターとして独立。 対面で人の心をつかみ、通販支援でコピーライティングのノウハウを学んだ経験でクライアントの売上げアップに貢献しています。