因果関係力でコピーライティングスキルUP

コピーライティングのスキルを上げるためには、
論理的な文章が必須です。

では論理的な文章とは、言い換え力、対比力、因果関係力
の3つに分類されるのですが、本日は3つ目の因果関係力に
ついてお話したいと思います。
この文章を読んでみてください。

・昼ごはんを食べると急に眠たくなった。
だから、テレビを観た。

ん~なんとなく納得できませんよね。

では次はどうでしょう。

・昼ごはんを食べると急に眠たくなった。
だから、走りに出かけた。
これならどうでしょう?こっちのほうが前後の文脈があいますよね。

つまり、因果関係力とは客観的に見て8割の人が納得できる
文章かどうかが大切になってきます。
では、因果関係力を鍛えるためにはどうすればいいか?
それは、
・「なぜなら」で書き換える
・抽象化する
をすることです。

<h3>なぜならで書き換える</h3>

先ほとの文章を「なぜなら」で書き換えてみてください。

・テレビを観た。なぜなら、
昼ごはんを食べると急に眠たくなったからだ。

・走りに出かけた。なぜなら、
昼ごはんを食べると急に眠たくなったからだ。
どうでしょうか?「なぜなら」を書き換えると
より違和感に気づきませんか?
<h3>抽象化する</h3>

これはより因果関係力の訓練としてレベルを上げたいときに、
具体化よりも抽象化した方が、わかりにくくなっていきますので、
だんだん慣れてきたらチャレンジしてみましょう。
<h3>物語にも因果関係力は存在している</h3>

物語で因果関係力を鍛えるためには、
心情語の語彙力を鍛える必要があります。

具体的には、
【事実】できごと→文中に書いてあること
【心情】気持ち→ここを導き出す
【言動】セリフ・行動→文中に書いてあること

と、たどることです。
例えば、結婚式に呼ばれ、友達10人と会場に向かって、
受付でお祝儀を渡そうと思ったら、自分一人だけ家に忘れてきた
事に気づいて、泣いてしまった。

この文章を分けてみると、

【事実】結婚式に呼ばれ、友達10人と会場に向かって、
受付でお祝儀を渡そうと思った
【心情】情けない
【言動】泣いてしまった

となりますね。したがって、書かれている事実と言動を元にして
心情を導き出します。
ちなみに心情を導き出すポイントは
「ひとことで言うと」で表現する事です。

都度、小説など読むときなど、意識してやっていくと
数十ページ読み終えたころには、相当な数がでているはずです。

あ、そうそう、別に本でなくても日常の会話とかでも自信の心情を
言語化して訓練できますね^^

 

さっそく実践してみましょう。

 

 

 

 

 

Web発信力を高め、自由なライフスタイルを手に入れる

僕が独立し、集客に特化したWebサイトの仕事を専門とするまでに至った背景、組み立て方まですべて公開しようと思います。
ただし、サポートコンテンツ(Webサイトの無料添削講座)もメルマガで発信するため、人数はある程度で締め切る予定です。
下記はメルマガ読者さんからの声です。
☑︎実際にランティングページに応用が効く本当に使えるノウハウが多くてびっくりです。
☑︎ザ・コピーライティング、神田さんが監督している本を読んでいましたがこのメルマガではそれ以外の不足部分が補強された感じがします。
☑︎ウェブを通してモノを売りたければ、このメルマガは読む価値がありますね
☑︎ここまで実践的なメルマガは初めてです。ありがとうございます。
☑︎ウェブの成約率が上がる方法を初めての方にでも理解できるようにわかりやすく書かれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

セールスコピーライター兼マーケター。世の中に埋もれている価値をより多くの人に提供する活動を行っています。 新卒後、対面販売の営業でクライアント3,000社から人の心をつかみ信頼を得る方法を学ぶ。 その後、ダイレクトマーケティングの支援会社で、文章だけでモノが売れる仕組みを(通販)学ぶ。(たった3人の会社で売上3億とか) 現在は対面販売と通販の経験を経て、セールスコピーライター兼マーケターとして独立。 対面で人の心をつかみ、通販支援でコピーライティングのノウハウを学んだ経験でクライアントの売上げアップに貢献しています。