人を動かせる文章の表現①

こんばんは。

 

今日もマクドでこのBlogを書いてます~☆

 

なんか、場所を変えると集中できたりするんですよね~☆

 

さてさて今回3回にわたって、

どういった文章が人を動かすことが出来るのか、

それを3回に分けて書いていきますね~

 

今回は「ターゲットを決める」です。

 

決め方としては、どんな趣味があって、

どんなものが好きか嫌いか、

悩んでいる事、不安に思っている事、悩んでいること、

どういった未来を望んでいるのか、

こういった設定をまず最初にしないとセールストークがつくれません。。。

 

そしてその年代の人がどういった悩みを抱えているか、

知っておく事が重要です。

 

例えば同じ肌の悩みでも20代だと感想だったり、

年代が60代になるとしわに反応したりと、

世代によって抱えている悩みが違うからです。

 

また、快楽を得るよりも、

痛みを伴いたくないという心理がはたらくようです。

(この行動原理は、心理学者のフロイトが提唱したもの)

 

そうですね〜身近な例で言うとタバコとか。

 

タバコを吸う人は快楽が吸う事だとしたら、

イライラを避けるためにタバコを吸う。

 

吸わない人は健康な状態が快楽のため、タバコから遠ざかります。

 

つまり行動を起こさせるためには、

文章の中にこの不安・悩み・痛みの要素を入れておくのがポイントです。

 

また、皆さんへではなく、

ターゲットを「あなた」と一人に限定する表現もポイントです。

 

今回はここまで〜〜〜

 

 

images

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。