3分でできる!ウィジェットの表示設定コーディング方法

WordPressにはウィジェットという便利な設定ができます。

ウィジェットとはデスクトップ上で特定の機能を実行するためのアプリケーションです。

例えばサイドバーに最新の投稿やバナー広告を設置したい場合、ウィジェットを使用すると直感的な操作で設定でき表示させることが可能です。

クライアントにとってもウィジェットが使えるのは大変便利です。

そこでWordpressのテーマを制作するにあたって、ウィジェット表示を設定するために必要な作業をお伝えします。

作業手順はたった3つです。

1.function.phpでウィジェット機能を有効にする
2.sidebar.phpにウィジェットの出力コードを記述する
3.管理画面から表示したいウィジェットを設定する

順番に説明します。

1.function.phpでウィジェット機能を有効にする

ウィジェットの機能自体はWordPressにデフォルトで設定されてあります。
しかし、WordPressのテーマを自作する際にはウィジェットを表示させる設定をしなければ使えません。
そこでまず、function.phpに以下のコードを記述します。

ちょっと何が何だかわからないと思いますので、詳しく一つずつ解説していきます。

 

これらをブラウザの表示コードでみると下記のようになっています。
browser
ちなみに管理画面で表示されるname,descriptionはこんな感じです。

kanrigamen

2.sidebar.phpにウィジェットの出力コードを記述する

次にウィジェットを表示したい箇所に出力コードを記述します。

is_active_sidebar( ‘ウィジェットID’ )

サイドバーが設置されているかどうかを関数で確認します。

dynamic_sidebar( ‘ウィジェットID’ ):
ウィジェットが設置されている場合、ウィジェットの内容を出力する関数です。

以上でウィジェットが表示できるようになりました。

3.管理画面から表示したいウィジェットを設定する

では最後にウィジェットを表示してみましょう。

管理画面のウィジェットをクリックします。
widget-click

すると、ウィジェットの項目にメインサイドバーという項目が表示されています。

試しに、テキストのウィジェットをドラックアンドドロップしてもってきて、適当に文字を入力して保存します。
drag_drop

表示を確認するとちゃんと反映されていますね。

Web発信力を高め、自由なライフスタイルを手に入れる

僕が独立し、集客に特化したWebサイトの仕事を専門とするまでに至った背景、組み立て方まですべて公開しようと思います。
ただし、サポートコンテンツ(Webサイトの無料添削講座)もメルマガで発信するため、人数はある程度で締め切る予定です。
下記はメルマガ読者さんからの声です。
☑︎実際にランティングページに応用が効く本当に使えるノウハウが多くてびっくりです。
☑︎ザ・コピーライティング、神田さんが監督している本を読んでいましたがこのメルマガではそれ以外の不足部分が補強された感じがします。
☑︎ウェブを通してモノを売りたければ、このメルマガは読む価値がありますね
☑︎ここまで実践的なメルマガは初めてです。ありがとうございます。
☑︎ウェブの成約率が上がる方法を初めての方にでも理解できるようにわかりやすく書かれています。

ABOUTこの記事をかいた人

セールスコピーライター兼マーケター。世の中に埋もれている価値をより多くの人に提供する活動を行っています。 新卒後、対面販売の営業でクライアント3,000社から人の心をつかみ信頼を得る方法を学ぶ。 その後、ダイレクトマーケティングの支援会社で、文章だけでモノが売れる仕組みを(通販)学ぶ。(たった3人の会社で売上3億とか) 現在は対面販売と通販の経験を経て、セールスコピーライター兼マーケターとして独立。 対面で人の心をつかみ、通販支援でコピーライティングのノウハウを学んだ経験でクライアントの売上げアップに貢献しています。