自作したWordPressテーマ(非公式)に更新通知を設定する方法

WordPressのテンプレートに更新通知を設定する方法について解説します。

現在WordPressの集客できるテンプレートをオリジナルで作っています。

随時バージョンアップして使いやすくしていきたい。

そのためには更新通知をなんとかできないかと考えていました。
公式ディレクトリに登録すれば更新通知は可能なのですが・・・

ただ、見た目をつかさどる機能以外が余分についているテーマは登録できないらしい。
それだと更新通知が設定できたとしても実用性に欠ける。

では、自分で更新通知を発信するプログラムをつくらないとダメなのか・・・
いやいや、そんなにプログラミング詳しくないし。。。

そんなこと考えながら何かいい方法がないかリサーチしていたら、、、、なんとライブラリがありました。

ライブラリとは、すでに複数のプログラムが組まれていて利用できるコードの集まりです。

ライブラリを使うとものの10分もあれば、自作したWordPressテーマに更新通知機能をつけることが可能です。

ぜひ試してみてください。

WordPressテーマの更新通知を設定する全体の手順

1.ライブラリをダウンロードし、自作したテーマフォルダ直下に設置する
2.jsonファイルを作成し、サーバーに設置
3.function.phpにちょこっとコードを記述する

たった3つだけです。簡単ですね。
ではそれぞれ解説します。

1.ライブラリをダウンロードし、自作したWordpressのテーマフォルダ直下に設置する

まずはライブラリをAutomatic Updates For Private And Commercial Themesからダウンロードします。

library

Zipファイルでダウンロードされるので、解凍して中の「theme-update-checker.php」を更新通知を設定したいThemeディレクトリにアップロードします。

theme-update

 

これでライブラリのファイルのアップロードは終わりです。

2.jsonファイルを作成し、サーバーに設置

新規でエディタを開いて次の記述をコピペしてください。

{
"version" : "2.0",
"details_url" : "更新情報が書かれたURL",
"download_url" : "更新するWordPressテーマが置かれているURL"
}

 

上記ではversionが2.0となっています。
このversionが現在のテーマのversionよりも上がっているとライブラリに更新通知を出すプログラムが作動されます。

「details_url」「download_url」はそれぞれ下記の表示箇所からリンクされます。

kousin-hyouji_1

コピペできたら、ファイル名を適当に付けて(theme-update.jsonとか)次に更新通知の元となるJSONファイルを作成し、サーバーに設置します。

この時設置した場所のURLを覚えておいて下さい。

3.function.phpにちょこっとコードを記述する

あとはちょこっとfunctions.phpにコードを以下のコードを追記します。

変更するのはテーマフォルダ名とJSONファイルのURLを記述するだけです。

あとはそのままで良いです。

//テーマのアップデートチェックの初期化
require 'theme-update-checker.php'; //ライブラリのパス
$example_update_checker = new ThemeUpdateChecker(
'sample-theme', //テーマフォルダ名
'JSONファイルをアップロードしたURLを記述' //JSONファイルのURL
);

以上で実装されます。ライブラリがあってありがたいですね。

一応自作したWordPressのテーマが更新表示になっているか確認

このように「更新があります」の表示があればOKです。

kousinarimasu

もし、テーマがまだ更新表示がない場合、下記の箇所をクリックしてみてください。

kousin

そして下にスクロールすると、テーマの一覧の項目がありますので該当するテーマの更新情報があるかどうかチェックします。

theme

あとはテーマの更新をクリックしてアップデートすれば完了です!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。