何故人はモノを買ってしまうのか?

どうも、あっきんです^^

「人は、なぜモノを買ってしまうのか?」

めちゃくちゃ素朴な疑問ですよねw

 

でも、

ここをしっかりと理解できていれば、

[売上を上げるための施策]

 

[売上が何故上がったのか下がったのか]

[顧客にどういったベネフィットを訴求すればいいか]

を明確に分析し、施策をうつ事ができます。

 

せっかく考えてプロモーションうったのに、

売上が25%下がってしまった、なんて事はさけなければ

なりませんよね?^^

 

人は、なぜモノを買ってしまうのか?

 

それは「苦痛を避け快楽を得るため 」です。

誰でも、不満やストレスはもっていると思いますが、

それらを解消するために、モノを購入するんです。

 

つまり、モノを購入するという事は、

負の状態から正の状態にもっていくための手段という事になりますね。

 

まあ、当たり前ですよねw

 

そうですね〜

例えば、美容室のシャンプーを購入するとします。

 

市販で販売しているシャンプーでも全然髪を洗えるので問題ない訳です。

 

でも、なんかカラーが早く抜けやすい、不満があります。

 

なので、この不満を解消し、満足いく状態にしたい訳です。

 

この時に満足に変える為の手段として美容室のシャンプーを

購入するんです。

 

別の例で言うと、新しい時計を購入するケース。

 

時計自体は持っているけど 、あの高級時計を買えば、

すごくオシャレになれる、ステータスを感じれる気がして、

欲しくなって買ってしまいます。

 

このケースで言うと、オシャレでない自分から、大人っぽい

オシャレな自分へと変えたいために商品を購入するのです。

 

一方で逆のケースもあります。

 

こんな商品全然満足しないわ〜」

と顧客が思ったら、購入してくれません。

 

5万円払っても、満足感が無ければ、もう買おうとは思いません。

 

考えてみれば当然の話でも、ほとんどの人がこれを

理解していない事が多いという実感です。

 

せっかく時間を割いてくれてブログを見てくれているあなたは、

「何故モノを購入するのか?」をしっかり考えてみてください。

 

次回は、積極的に購入を促進させるにはそうすればいいか、

そのコツを説明していきます。

images

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。