直感力ってどうやって鍛えるのか?

直感力画像

直感力ってどうやって高めたら良いのか?

直感力って今一どうやって高かめたら良いか、
あなたは説明できるでしょうか?

なんか才能じゃねー?と思っている人も少なくないと思っています。

僕は直感力っていうのは、どうやって高めるかというと、
自分の蓄積された知識の総称によるもの、
だと思っています。

わかりやすい例でいえば、


僕はヘアケア商品を調査していたこともあり、
数々のサンプルを購入して使用してきました。

使っていくと、容器からプッシュしたときの粘性とか、
フワーっ風呂場でふわーっと漂ってくる香りとか、
ちょっとした泡立ちの感じとか、
髪のきしみ具合とか、トリートメントにおいては、
髪へのなじみやすさとか、流すときの髪の引っかかり具合とか、
乾かしたときの仕上がりの状態(厳密に言うと、髪の硬さ、
しなやかさ、ハリコシ)が微妙に違ってくるのがわかります。

もちろん商品だけではなくて、
商品をどういう風に魅力的にみせるかのライティングにも左右される訳です。

こういった蓄積があるので、この商品は売れている、
売れていないかが、何となく直感て分かります。

蓄積がないじょうたいだと、判別がつくはずもないですよね。

50億企業を経営する起業家の方もこうおっしゃっていました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
起業で成功するためには世にあるビジネスモデルを数多く知ること。
そうすることで組み合わせたり、
どこでキャッシュポイントのつくったら良いのかと、直感でわかってくる、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
と。

知識経験の積み重ねによって直感が磨かれていくとすれば、
知識経験したことを引き出しやすい状態にして
おかなければなりません。

よく、本を読んだのはいいが、何を書いていたか説明して、
と言われると、全然抽象的にしか説明できない、
という経験ってありませんか?

それは頭の中には情報としてあるんだけど、
使うものだけ引き出しのなかに入れてあげることです。

そうすることで、いざというときにも
アイデアがわき水のごとく溢れ出てくるようになるのです。

ではどうすれば溢れ出るように引き出しに入れるのかというと、
医学博士の栗田氏は次のように話をされています。

引用文↓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
直感力の中核をなす要素は、問題意識のありかたに他なりません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これはまさしくそうだと思っています。
例えば、今顧客管理システムのUIを考えているのですが、
はじめてのこころみなので、アイデアといってもまずは
多くの顧客管理、その他のサービスのUIがどのようになっているのかを
数多くみることをしています。

もっと具体的に話すと、予約管理画面ってどのように見せたらみやすいんだろう?
あ、Googleカレンダーのこういった見せ方って直感的で凄く操作しやすいな〜とかです。

これって、予約管理で何か良いUIがあるかな〜という問題意識です。

このように、今あなたが悩んでいる問題に常に意識を傾けて、
物事をみていくと、意外なまったく業界とかんけいないところからヒントを得る、
といったこともでてきますよ。

自分が何を知りたいのか?何に対して答えを導きだしたいのか?
どんなことを実現したいのか?

を自問自答することです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。