幼児の行動から学ぶ、ビジネスの成功のカギ

ビジネス成功の鍵

反復を繰り返す事が最短距離で成長する。

自分の息子を見ていて思ったのです。

僕は水曜、日曜を休みにしていて、家族の時間に当てています。

 

あ、そうなんです、結婚して、何年目だっけ、5年目、かな、

すいませんあんまりそのあたり執着心がないものでw

 

今1歳3ヶ月になる息子がいるんです。

で、休日はというと、ボール投げをひたすら家でして遊んだり、

または、マンションの階段を登りおりしたりしてます。

 

ボール投げなんか、最初は本当につかむだけで全然投げようともしませんし、

興味すら示さないのです。

 

ただ、いつも僕があぐらをかいて膝の上に息子を乗っけて、

部屋の壁に向かってボールを投げてました。それを休日の度に

15分位かな、していたんですが、不思議そうに壁に跳ね返って

くるボールを見つめているんです。

 

1週間くらいそういったことを続けていたら、最近になって、

自分一人でボールをもって、壁との距離50センチwでしたが、

ひたすら投げて一人で遊んでました。

 

子供は興味をもち、観察して、即行動します。

あとはひたすら行動です。

 

それが年をとり、だんだん頭で考える知恵がついてくると、

行動する事よりも、情報を取りにいきたがります。

 

例えば、マーケティングの本などを読みあさってみたり、

ねっとで情報を収集してみたり、セミナーにいってみたり。

 

いやいや違うんですよねこれって。

アウトプットとインンプットはほぼ同時くらいでちょうどいいです。

で、なんか違うな、とぶつかった時にインプット、修正です。

 

そうやって子供は急激に能力をのばしてきました。

 

大人になっても脳の構造そのもが変わる訳じゃないし、

子供に見習って、アウトプット・インプットのバランスを変えよう。

 

これってよく啓発本にも書いていることですが、実際目の当たりにすると、

なんか腑に落ちますね(笑)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。