分からないところは明確にすべき

受験や資格でテキストなどで学習していると、
わからないところがわからない、という学生がいます。

僕はどこがわからないか、を明確にすることが、
合格する秘訣だと思います。

先日、授業も予習も復習もしないで東大を軽く模試でA判定を出したという
方から話を聞きました。

その方は徹底的に分からないところがないように進めていく事、
だと言います。

話していても本当に頭の回転が速いです。

僕もテキストを購入した直後とかはその気持ちで取り組むのですが、
分からない箇所をずっと理解しようと先に進まないで取り組んでいると、
心が折れてしまって、挫折してしまいます。

ではどうすべきか?

分からない箇所を明確にして、テキストを進めていけばいいのです。

要するに明確にする、ということが大事です。

でなければ、2回目、3回目とテキストをこなしていっても、
一向に進歩が見えないからです。

そういえば、記憶法関連の本を出版されている宇都出さんも同じ事を
おっしゃっておられました。

とにかく大量に高速回転をしなさい、その際わかる所わからない所を
明確にしましょう、と。

明確にさせる為にはマーキングをして、どこが分からなかったのか、
また次回復習して分からなかった箇所が分かるようになった所が1つでも
あれば、それは進歩です。

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)においても、
テストマーケティングを行います。

AのキャッチコピーBのキャッチコピーどちらがお客さんの反応がとれるか?

その際、値段や、モデルも画像などは全て同じものでテストします。

異なるのはキャッチコピーだけ。

そうすることで、反応が良かった箇所を明確にできるのです。

Aのキャッチコピーが反応がとれたら、
次は値段だけ変えてみてテストしてみる、
とか何度も最適化できるようにテストしていきます。

どこを改善したらいいのかを明確なるようにテストしているからこそ、
広告を最適化できるのです。

今僕はプログラミングのテキストで分からないところ、
分かるところを明確にすることに奮闘中ですw

ps.予習、復習せずして東大に受かった方の話ですが、
結局は大量に高速回転をしているのだと思います。
それを授業中とかにやってのける処理能力なので、表面的には
予習復習しなくてもいい点数がとれるのです。

以前は書きたいことが文章にできませんでした。しかし、メルマガを読んで1日15分実践するだけで集客出来るブログが書けるようになりました。(読者の感想)

僕が独立し、Webコピーライティングの仕事を専門とするまでに至った背景、文章の組み立て方まですべて公開しようと思います。
ただし、サポートコンテンツ(文章の無料添削講座)もメルマガで発信するため、人数はある程度で締め切る予定です。
下記はメルマガ読者さんからの声です。
☑︎実際にランティングページに応用が効く本当に使えるノウハウが多くてびっくりです。
☑︎ザ・コピーライティング、神田さんが監督している本を読んでいましたがこのメルマガではそれ以外の不足部分が補強された感じがします。
☑︎ウェブを通してモノを売りたければ、このメルマガは読む価値がありますね
☑︎ここまで実践的なメルマガは初めてです。ありがとうございます。
☑︎ウェブの成約率が上がる方法を初めての方にでも理解できるようにわかりやすく書かれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

セールスコピーライター兼マーケター。世の中に埋もれている価値をより多くの人に提供する活動を行っています。 新卒後、対面販売の営業でクライアント3,000社から人の心をつかみ信頼を得る方法を学ぶ。 その後、ダイレクトマーケティングの支援会社で、文章だけでモノが売れる仕組みを(通販)学ぶ。(たった3人の会社で売上3億とか) 現在は対面販売と通販の経験を経て、セールスコピーライター兼マーケターとして独立。 対面で人の心をつかみ、通販支援でコピーライティングのノウハウを学んだ経験でクライアントの売上げアップに貢献しています。