3分で相手から信用を得ることが出来る方法

自分が心が動いた瞬間って最近あっただろうか?

正月早々、そんなことを思いふけりながら、ブログを見返していたら、
靴を買った時のことを思い出しました。

 

 

最近、子供と散歩する時間が多いので、歩きやすい靴を、と思って
”ニューバランス”を購入。ニューバランスにも種類が色々あって、
メイドイン・イングランドかUSAがはき心地がいいとのこと。

中国製もあるのですが、全然フィット感が違います。
デザイン的には中国製の方が好きなんですけどね。

まあ、そんな話はさておき、この靴を買いにいったとき、


3件位店を回ったのです。

やはり人気らしく、どの店もサイズがなかったり、
種類が少なかったりで、なかなか見つからなかったのです。

店員さんの中には、
「ちょっとゆったり目にはきたかったら、
サイズが多少大きくてもありですけどね。」

・・・なしですね、僕的には。

 

そんなこんなで、違う店に行ったときのことです。

欲しいニューバランスの種類があって、
店員さんにサイズを尋ねてみたら、そのサイズはもう在庫ないとのこと。

多店舗にも電話して聞いてもらったのですが、
在庫がないらしい。

ちょっとサイズが大きいけど、
そこまで、大きい訳でもないし、もう、これにしようか。。。

なんて店員さんに相談したところ、

「ん〜、、、これだとサイズが大きいので、ちょっと歩きづらいですね。
ニューバランスのショップには電話されました?

心斎橋にあるので、一度電話して聞いてみてください。
もしかしたらサイズがまだあるかもしれません。」

と声をかけてくれたのです。

そういえば、心斎橋にあったなあ。

早速電話で聞いてみると・・・

 

ありました、サイズが☆

この時、僕は店員さんの親切な対応にちょっと感動してしまいました。

 

自分の不利益になるようなことを言って信用してもらう。

もし、ただ売るだけのことを考えていたら、
僕の相談に対しても大きめのサイズをでも購入を勧めていたかもしれません。

僕は結局、ニューバランスショップで購入したのですが、
また次買う時期が来たときは、
絶対、この情報を教えてくれた店員さんの店で買おう、と思いました。

IMG_0618

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。