オタクの思考を見習えば、新人の社会人でも10倍明日から仕事が楽しくなる。

オタクの画像

オタクって学生のころ、バカにしていたんですけど、社会人になって
オタクの人って見習うべきとこがあると思っています。

何処を見習うかというと、その趣味に没頭するということです。

時間も忘れて没頭すること。

オタクの人はそれができてるんですよね。

 

仕事って本来そういうもんじゃないかと思うんです。

なんか、上司から言われた仕事を
いやいやしていたり、早く休みにならないかなーなんて

日々考えていたり、営業の数字に追われていて
上司の目線が気になっていたり。。。

 

それよりもあなたの今している仕事って没頭できているかどうか?なんです。

あ~明日仕事や~、、、ってこの言葉を使ったことのある人は
没頭できていませんね。

 

ホリエモンが、刑務所に収監されている時にしていたことで、
紙をおってダンボールにつめる作業があったらしいのですが、
聞いただけで、あ~なんでそんなことしなきゃいけないんだーって
思いませんか?

それはオタクになりきれていない思考です。

紙を折ってダンボールに入れるオタクはどう考えるかというと、
紙を折ってダンボールに入れる作業をどうすれば最速で終えることが
できるのかを考えるのです。

作業自体をゼロベースで構造化し、折り方の角度、手の動き、無駄のない作業がないかを
一つ一つ見直していきます。

結果、5秒に1枚のダンボールつめの作業が3秒に1枚、
つまり40%の改善につながったわけです。

もし、あなたが社会人だったとしたら、受け身の仕事をしていたら、
やがてしんどくなる時がくるでしょう。

あー早く休みにならないかな~なんて考えながらする仕事は
よいパフォーマンスを生みません。

思考から変えていき、あなたはそのオタク化するべきなのです。

人生の大半は仕事と向き合うことになるのに、
せっかくなんで、オタク化して、楽しんじゃいましょうよ^^

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。