コンビニのコーヒーは赤字垂れ流し?!なのに何故販売するのか?

最近、朝はもっぱらセブンイレブンのコンビニのコーヒーを買います。

1杯100円。

なんせ缶コーヒーと値段が変わらない上に、味が本格的で安いからです。

もう、ひとり勝ちでかなり儲けているんだろうな〜なんて思っていたら、
2ちゃんでこんな画像を発見w

78ebb27e-s_thumb

かなり原価率高いじゃん・・・・

てっきり外国から仕入れて、利益率を確保しているのかと思ったら、違う。

豆は1杯で約20円(250gで約20杯で計算)ですので、
カップ+豆の値段で計算すると、ホットは約30円アイスRで約50円の
計算になります。

よって、それぞれの原価率は、

ホットR・・・30%
アイスR・・・50%

という事になり、
これに人件費や、設備費、メンテナンス費用がかかってくる訳なんです。

しかもこの設備費用が結講かかってんだろうな〜って感じがします。

となると・・・

これでは儲かっていないじゃん・・・

一般的に飲食業界の原価率は30%と言われている中で、
全然採算とれない・・・むしろこれだけでは赤字・・・

となると、コーヒーをフロント商品にして、バックで他の
商品を販売する、これが目的というか戦略だったんですね。

あくまでも、コーヒーは来店させるきっかけだったんです。

これが、缶コーヒーと同じレベルなら意味ないですが、
本格的に上品でおいしいので、集客力はありますよね。

そこで、それをフックに今まで行かなかった人が来店したり、
そもそもの来店回数が増え、コーヒー買うついでにたばこ、パンといった、
バックエンドで商品を買ってもらえれば、全体の売り上げが見込めますね。

このフロントエンド、バックエンドの考え方はマーケティングの戦略においては
古典的ですし、ネットビジネスにおいてもよく使う手法になります。

またここは詳しく次回解説していきますね^^

なんかこの2ちゃんの画像が本当のだったら、コーヒーだけ買いづらいなw

img_171229_10236821_0

Web発信力を高め、自由なライフスタイルを手に入れる

僕が独立し、集客に特化したWebサイトの仕事を専門とするまでに至った背景、組み立て方まですべて公開しようと思います。
ただし、サポートコンテンツ(Webサイトの無料添削講座)もメルマガで発信するため、人数はある程度で締め切る予定です。
下記はメルマガ読者さんからの声です。
☑︎実際にランティングページに応用が効く本当に使えるノウハウが多くてびっくりです。
☑︎ザ・コピーライティング、神田さんが監督している本を読んでいましたがこのメルマガではそれ以外の不足部分が補強された感じがします。
☑︎ウェブを通してモノを売りたければ、このメルマガは読む価値がありますね
☑︎ここまで実践的なメルマガは初めてです。ありがとうございます。
☑︎ウェブの成約率が上がる方法を初めての方にでも理解できるようにわかりやすく書かれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

セールスコピーライター兼マーケター。世の中に埋もれている価値をより多くの人に提供する活動を行っています。 新卒後、対面販売の営業でクライアント3,000社から人の心をつかみ信頼を得る方法を学ぶ。 その後、ダイレクトマーケティングの支援会社で、文章だけでモノが売れる仕組みを(通販)学ぶ。(たった3人の会社で売上3億とか) 現在は対面販売と通販の経験を経て、セールスコピーライター兼マーケターとして独立。 対面で人の心をつかみ、通販支援でコピーライティングのノウハウを学んだ経験でクライアントの売上げアップに貢献しています。