コンビニのコーヒーは赤字垂れ流し?!なのに何故販売するのか?

最近、朝はもっぱらセブンイレブンのコンビニのコーヒーを買います。

1杯100円。

なんせ缶コーヒーと値段が変わらない上に、味が本格的で安いからです。

もう、ひとり勝ちでかなり儲けているんだろうな〜なんて思っていたら、
2ちゃんでこんな画像を発見w

78ebb27e-s_thumb

かなり原価率高いじゃん・・・・

てっきり外国から仕入れて、利益率を確保しているのかと思ったら、違う。

豆は1杯で約20円(250gで約20杯で計算)ですので、
カップ+豆の値段で計算すると、ホットは約30円アイスRで約50円の
計算になります。

よって、それぞれの原価率は、

ホットR・・・30%
アイスR・・・50%

という事になり、
これに人件費や、設備費、メンテナンス費用がかかってくる訳なんです。

しかもこの設備費用が結講かかってんだろうな〜って感じがします。

となると・・・

これでは儲かっていないじゃん・・・

一般的に飲食業界の原価率は30%と言われている中で、
全然採算とれない・・・むしろこれだけでは赤字・・・

となると、コーヒーをフロント商品にして、バックで他の
商品を販売する、これが目的というか戦略だったんですね。

あくまでも、コーヒーは来店させるきっかけだったんです。

これが、缶コーヒーと同じレベルなら意味ないですが、
本格的に上品でおいしいので、集客力はありますよね。

そこで、それをフックに今まで行かなかった人が来店したり、
そもそもの来店回数が増え、コーヒー買うついでにたばこ、パンといった、
バックエンドで商品を買ってもらえれば、全体の売り上げが見込めますね。

このフロントエンド、バックエンドの考え方はマーケティングの戦略においては
古典的ですし、ネットビジネスにおいてもよく使う手法になります。

またここは詳しく次回解説していきますね^^

なんかこの2ちゃんの画像が本当のだったら、コーヒーだけ買いづらいなw

img_171229_10236821_0

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。