見せ方を変えただけで、売れなかった商品が・・・・・

ある化粧品の男性担当者の話。

広告にはきれいになるとか、若くみえる、などと
書かないと売れないんですよ・・・

なんか、自分にも、お客様にも嘘をついているようで、
しっくりきていない、と悩んでいました。

そんな時、お客様からのアンケートが目に飛び込んできました。

「昔は基礎化粧品だけで毎月5万円も使っていたんですけど、
いまは1万円しかかからない。」

他のアンケートを読み進めていくと他にもそういったお客様が
いらっしゃったではないか。

そこで、キャッチコピーを、

「化粧品で月5万使っているお客様が続々とのり替えています」

このコピーを出したとたん、急激に売り上げが伸びたとの事。

これを聞いてお客様の発する言葉をそのままコピーに使う、
その重要性を再認識させられました。

他にもにたような事例をみていくと・・・

■ “白髪染めは面倒”を逆手にとって・・・ ■

ここで健康・美容通販の事例に戻って、
フリーペーパーや新聞、雑誌などの
データベースを調べてみると。

一般的な“効果”を強くうたっていないにも関わらず、
くり返し出稿されている広告も見つかりますね。

たとえば、ある女性用白髪染めのセールスポイントは、
「誰でも自宅で簡単に染められる」こと。

白髪染めは自分でするのは面倒だし、髪が痛むもの。

そこで…

「(白髪染めは)染める前に、手や首周りをガードするなど、
面倒な準備が必要。洗髪時に使うだけなので、これなら
めんどくさがりの自分でも続きそうだと試してみました。
トリートメントだけでしっかり染まって、本当に楽です」

と、お客様の声が紹介されています。

お客様はどういった所に価値を感じて購入しているのか?
それはお客様にアンケートをとって統計を出すのが一番かも
しれないですね。

images

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。