起業で成功する業界の選び方

起業で成功している図

最近はずっととある新規事業の仕組みづくりをしています。

スタートアップでは、人を数人雇って・・・なんてコストを掛けれませんから
全て自分ですることになります。

本当にコツコツと細かな作業が多いですが、これが整ってこそ
システム的にビジネスができるのですね。

プログラム的な重要箇所はさすがに手伝ってもらっていますが、
すべて一人でするとなると色々大変だという見方をされるかもしれませんが、
結構おもしろいんです。

さて今日は起業で成功する業界の選び方、についてお話していきます。

あなたもこれから起業したい、と考えていたとしたらどのようなビジネス案を
考えているでしょうか?

やっぱり世にないビジネスをしないと儲からないよな、、、

なんて思っていたとしたらそんなことないです。

逆に世にあるビジネスを探してそれをすればいいのです。

ん?どういうこと?

もしあなたが個人単位で成功したいのならば、1発ホームランを狙うのではなく、
小さなヒットをコツコツと打っていくことが重要なんです。

具体的に話していきましょう。

小さなヒットをコツコツ打つためには・・・

①世の中に同じようなビジネスがあることを調べる
(ビジネスがあったとすると、市場自体は存在するということを知る)

②大手が入っていないことを確認する
(さずがに大手が数社がっちり入っていたらもはや個人レベルでは太刀打ちできない)

③①②の条件を満たしていた場合、実際に儲けていそうなやり方をしている
会社をマネてみて、さらに改善を重ねていく。

そうすることで簡単に突き抜けることができるのです。

実際に僕がこれからローンチする事業事態がそうなんです。

サービス自体はあって、既存のものにWEBのスキームを施すことによって、
ユーザーに届けるスピード、対応力をアップさせました。

もちろん、完璧にサービスを組めたわけでもないですし、
走りながら改善していく姿勢が大事ですね。

最初は完璧なものをつくろうとしていたのですが
顧客の反応を見ながら改善していけば良いことに気づきました。

諦めなければチャンスは必ずやってくる、という言葉を信じて
改善を重ねながら事業を大きくしていきますね。

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。