分解して考える習慣 

どうも。さしぶりの投稿になります。

最近とある尊敬する方の話を聞く事が多く、毎日本当に充実した日々を
送っています。

とある尊敬する方の話を聞いていて、
最近僕の中でも癖付けとなってきている考え方が、分解する、という事。

この考え方が身に付いてくると、
目の前の困難な事象でも乗り越えることができます。

どんな小さな事でも分解し、実際に実行してみて達成したら、
何かコツみたいな物を感覚的に掴む事ができるようになります。

例えば・・・・・645ー372 の計算。

はい!これをすぐに暗算してください!!!

まあ、できる人はできると思いますが、僕は戸惑ってました(苦笑)

だから、こういうときは分解して考えます。

645からまず400を引く→245
245に20を足す→265
265に8を足す→273

解答:273

といった感じで分解して考えると、一見、え・・・
と思う問題もスッとこなす事ができると思うのです。

最近、ライティングする事が多く、作業効率を高める為に
タイピングの練習ばかりしている時期がありました。

おかげで腱鞘炎になったり・・・(笑)

まあ、腱鞘炎なるってことは打ち方が悪かったんでしょうね。

タイピングをうまくなるにはどうすればいいか?
(うまいの定義を分速で200文字とする)

まずは分解して考えました。

①タイピングのフォームを整える
②正確さ重視
③早さ重視

最初は闇雲にひたすら打つ練習していました。

けど一向にうまくなりません。

上記の項目分解しみて練習していくと・・・
なんと翌日にすぐ効果がでたのです。

ただ、何でもかんでも上記のようにすぐ分解して考える事って
すぐにはできないですよね?

そういうときはまず自分のなかでこれだ、
と思った事をひたすらやる事です。

僕はタイピングでいうと、ひたすら速さばかり追求していました。

とにかく実践していくと、考えます。そのとき見えてくるのです。

もし、成功法みたいな本があれば、
それを読んで実践するのもいいですよね?

成功法は分解してもともと売られていると思うので非常に近道です。

よく怒ったりする人とか。

この思考が苦手なんだなあと思うんですよね。

だって、「腹立つ」ことに対して、処理しきれていないから。

処理する為の思考順序を身につける事、
「怒り」に対して、分解して考える事で、
押さえる事だってできるはずです。

僕は比較的怒ったりする事があまりありません。
まあ、もともとそういう性格という事もありますが。

そいえば最近、ある友人が機種変更を考えていたらしく、
話の流れで姉ちゃんにその事を話したそうです。

じゃあ「この機種が絶対いいからそれにしなよ」と
姉ちゃんに勧めてこられた事に対して腹がたったとの事。

「私は自分で決めたいのにいつもそうやって自分がいい物を
強制的にそれにした方がいいと勧めてくる、腹が立つ!」
と言っていました。

私の勝手やからほっといてよって言い合いになったそうです。

そもそも勧めかたも、価値観の届けかたの順序もあって、
怒らないようにする届け方を変えるってのはあるんですが・・・

それはさておき、怒りに対してこの時どう分解していくか?

相手はそう言ってきている→
それに対して腹がたった→
→けど相手はなぜ言っているのか?
→自分のことを思って言ってくれているのか?
→携帯が使いづらいなんて後悔しないように言ってくれている。

だからこんな時は
「ありがとうね。それも参考にさせてもらうわ」となります。

人はやはり自分の主張を通そうとするあまり、
こうしてぶつかる事も多いのですが、
相手が何故それを勧めてくれているのかとか、
なんでその考えに至ったのかとか、聞いていく。

そうすると、
相手の思考がわかって凄くおもしろいんじゃないかなって思います。

自分の思考を幅も広がりますし、相手も本質的な考えが分かると、
「だったらこういう意見もいいんじゃない?」
って相手も意見を尊重した上で
自分の考えをプラスすることもできますし。

ダイレクトレスポンスの世界でもこの考え方って重要で、
そのレターが何故レスポンスがいいのかを
分解して日々研究しています。

という事で今回は分解して考える習慣をつけよう!でした^^

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。