A4 1枚アンケートで利益を5倍にする方法

どもども、今回は最近読んだ本を要約しました。

参考にどうぞ☆

著者:岡本 達彦

売れる広告をつくる1番のポイントは??

「自分で考えない事」

なぜ自分で考えたらダメなのか?

制作・広告の担当者は皆プロ化してしまっているから。余分な知識がついてしまい、

顧客目線になる事ができない。

よく2:8の法則という、2割のお客様が売上の8割を占めているパレートの法則で言うと、
この上位2割のお客様の声を徹底的に聞く事で、

自社のロイヤル顧客になってくれやすい広告を作る事が出来る。

よくやりがちなことは、訴求の幅を広げすぎたあまり、

自社のターゲットでないお客様まで獲得してしまった
結果、リピート率が下がり、LTVが低くなる。

※LTV

http://kotobank.jp/word/LTV(%E9%A1%A7%E5%AE%A2%E7%94%9F%E6%B6%AF%E4%BE%A1%E5%80%A4)

やはり太いお客様を作っていくためにはここの声は欠かせない。

ではどう聞いていったらいいのか?

お客様の声を購買心理に合わせてアンケートをとっていく。

Q1商品を購入する前どんな事で悩んでいたのか?
Q2どこで商品を知ったのか?
Q3その商品を知ってすぐ購入したか?しなかったのはなぜか?
Q4何が決め手でその商品を購入したか?

使用後、

Q5実際に使ってみてどうだったか?

この上記の5つのアンケート結果に基づいて、8つの要素に落とし込んでいく。

8つの要素とは?

1ターゲットコピー
この商品を購入してもらいたいターゲットによびかけ

2キャッチコピー
悩みや欲求が解決したときのイメージをお客様に感じてもらう

3ボディコピー
なぜそう言えるのか論理的に説明

4オファー
価格、スペック、商品名

5裏付けとなる証拠
検査結果、有名人、マスコミ取材、お客様の声

6リスク対策
お客様が購入に対しての不安を解決してあげる
100%返金保障など。

7行動喚起
最後の一押し。まずはお電話!など。

8お問い合わせ
連絡先

この8つを原稿に落とし込んでいく。

本書には健食の事例もわかりやすく記載していたため非常に参考になると思う。

クライアント様がアンケートを取っているケースも多いが、
当てはまるものに○をつけてくださいとか、簡略化してしまったあまりに
実際の顧客の声を集めることが出来ていないことも多いので、

アンケートの目的をクライアント様にも理解して頂き、声を集める事で、
あたり原稿をさらにつくりやすい状態を作っていく。
是非実践していこうと思う。

51J9WkdYteL._BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。