差別化させる時に必要な軸って?

あなたが商品を売りたいと思ったとき、
競合他社をもちろん意識するだろう。

そこで重要になってくるには、
あなたから購入したい、という
差別化戦略が重要になってくる。

ところであなたはどこを競合他社として意識
しているだろうか?

え〜身近な例で言うと、、、
お昼にランチにいったとします。

あなたはどういう基準で選びますか?

その選ぶ際、どこと比較してその店を選んでいるか、
それが重要になってきます。

僕は基本的に平日は簡単で早くぱぱっと食べれる
店はどこか、という基準で店を選びます。

休日は違って、
のんびり落ち着いて食事ができて、
料理がうまい店なんて選び方をします。

前者でいうと、すき屋にしようか、
マクドにしようか、とそういった選択肢に
なる訳です。

後者においては、ゆっくり食べたいので、

近くのこじんまりした

イタリアンにしようか、大阪駅近くまででて、
景色のよい店にしようかな?といった感じ。
何が言いたいかというと、競合の意識する際、
市場で限定しない事。

例えば上記の例でいうと、ハンバーガー市場で、とか。
顧客の視点はもはやこそではないのです。

ではどういう視点で顧客の提供する価値をみていったら
よいか?

それは、【お手軽】【商品軸】【密着軸】
この3つです。

上記の例でいうと、お手軽は前者にあたり、
商品軸は後者にあたります。

密着軸はあそこの店の店長さん仲いいし、
また私の好きなオリジナルランチつくって
くれるかも〜♡
そんな感じで距離感がちかい。

差別化戦略をはかる際、この3つのうちどこかに
しぼる事が大切になってくる。

例えば低価格(お手軽)でいくのであれば、
規模の経済を効かせて、チェーン化させる戦略をとったり。

例えば、サプリを販売しているD○Cなんかは
安い価格のものは種類を量産し販売していたり。

商品軸でいくならば、研究、エンジニアに力を入れるとか。

密着軸だと、よりお客様との関係をしめすため、
営業に力をいれよう、だったり。

ただある軸に特化したとしてもどれもが平均以上あること。

軸に特化するには自分の強みを活かせばいい。

例えば、僕が通っている美容室でいうと、
オーナーはパーマがめちゃくちゃうまい(商品軸)
かといって値段もそこまで高くなくカットで4000円、
トークもジョーダン交えておもしろい(密着軸)

こんな感じに当てはまってきます。

以上、差別化していくか考える軸としてご参考まで。

もしなかなか強みが見いだせなく悩んでいる人は、

個別に相談のりますので、コメントください。

positioning3

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。