価値と対価の交換の、具体的手段とは?

これまでのブログには、
顧客には価値を提供するんですよ〜
価値って2種類ありまっせ、

それと求める価値が違うから
ちゃんとセグメントしてそのターゲットに向けた
商品、サービスを考えよう、その為に、
競合を認識し、差別化することが重要です、
と書きましたね。

========================

■過去投稿記事

マーケティングの基本はベネフィットを提供すること

セグメンテーションとターゲティングについて

========================

ビジネスは価値と対価の交換というが、
具体的にどういった手段で現実化していくかを
書いていきますね。

さてさて、、、
マーケティング4Pといわれる基本的な要素として、

製品(Product)
品質はどうか?独自性はあるか?

価格(Price)
価格は適正?採算はとれるかな?

プロモーション(Promotion)
その価値をどう伝えて販売につなげようかな?

流通(Place)
どのようなチャネルで販売しようか?

と上記を軸に考えます。
大学の時、講義で受けたことがありましたが、
あまりフレームにあてはめて考えた事がなかった。。。

 

そんな、経験あなたはないですかね〜?

 

ここでは実際事例を出して当てはめて
考えていきましょう^^

 

最近嫁さんが、
パンツを買ったと、帰ってきて早々話すのです。
*誤解してないと思いますがズボンの事ですよw

 

このとき購入に至るまでのプロセスは、

■流通
店頭で見て

■プロモーション
ファッションショーでモデルさんがはいていた

■製品
これなら家でも外でもはきやすそう

■価格
ユニ○ロとそんなに変わらないなら、

こっちの方がデザイン性が高いからいいよね

とこんな感じだったらしい。

 

まあ、
実際、当たり前の事を体型化しただけなんですよね、
マーケティングって。

 

では上記の4つの各要素を具体的に書いていきますね。。。。

 

と言いたいとこだが、長くなりそうなので、

次回にまわしたいと思います^^

PS.僕はもっぱらパンツは機能的・フォルム的にもユ二○ロが気に入っていますw

930247-02_1

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。