セグメンテーションとターゲティングについて

相手に商品、サービスを販売するためには
この考え方が重要になってきます。

例えばベンツを販売したい場合、
エコでガソリンを食わず乗りたいな〜なんて
人には販売できないですよね。

あるいは家族で出かける事が多いので、
荷物がのる車がいいな〜なんて人がいるかも知れません。

こういったように人によって求める価値が違う訳なんです。
なので、それぞれ分けて販売した方が効率がいいですよね。

その分ける事をセグメンテーションといいます。

で、その売るべき顧客がターゲット。

ででで、じゃあどのようにセグメントしていったらいいんだという
話になりますよね?

大きく分けて2つ、左脳的情報と右脳的情報で分けるのが一般的です。

右脳的情報とは人口統計で分析できるもの、例えば、
性別、年齢、居住地域ですかね。

では一方で左脳的情報といえば、
人間の心理や行動から分けていきます。
例えば、どんな顔で、どんな髪型で、
好きなテレビ雑誌はどんなものを
読んでいて、どういった店によくいって、どんな化粧をしていて、
体型、どんな毎日を送っているか、習い事は何かしているか、
どんな所に旅行にいっているか、などなど。

この2つの組み合わせで一人の顧客像をはっきりさせていきます。

という形で分けていったら、次はそのどこに向けて販売を行うか
ターゲティングの設定をしていきます。

 

ただ、分けた先があまりにも小さい市場なのはダメですよ。
ある程度市場が大きく、自分の強みを発揮でき、価値の必要度の高さ
などから、ターゲットをしぼっていく形になります。

例えば家事代行サービスのセグメントでいうと専業主婦・子供のいる
共働き夫婦、どちらがターゲットとして適正か?
共働きだろう。

以上をまとめるとセグメントを細かくしていき、その中でどこをターゲットにするか、
市場が小さすぎないところを選び、自分の強み、サービスを必要としてくれているか
どうかの優先順位で選んでいく。

images

Web発信力を高め、自由なライフスタイルを手に入れる

僕が独立し、集客に特化したWebサイトの仕事を専門とするまでに至った背景、組み立て方まですべて公開しようと思います。
ただし、サポートコンテンツ(Webサイトの無料添削講座)もメルマガで発信するため、人数はある程度で締め切る予定です。
下記はメルマガ読者さんからの声です。
☑︎実際にランティングページに応用が効く本当に使えるノウハウが多くてびっくりです。
☑︎ザ・コピーライティング、神田さんが監督している本を読んでいましたがこのメルマガではそれ以外の不足部分が補強された感じがします。
☑︎ウェブを通してモノを売りたければ、このメルマガは読む価値がありますね
☑︎ここまで実践的なメルマガは初めてです。ありがとうございます。
☑︎ウェブの成約率が上がる方法を初めての方にでも理解できるようにわかりやすく書かれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

セールスコピーライター兼マーケター。世の中に埋もれている価値をより多くの人に提供する活動を行っています。 新卒後、対面販売の営業でクライアント3,000社から人の心をつかみ信頼を得る方法を学ぶ。 その後、ダイレクトマーケティングの支援会社で、文章だけでモノが売れる仕組みを(通販)学ぶ。(たった3人の会社で売上3億とか) 現在は対面販売と通販の経験を経て、セールスコピーライター兼マーケターとして独立。 対面で人の心をつかみ、通販支援でコピーライティングのノウハウを学んだ経験でクライアントの売上げアップに貢献しています。