意図的にお客様に商品を購入してもらう価格設定とは?

今日は行動心理学で言う極端性回避について書きたいと思います。
(「経済は感情で動く」 マッテオ・モッテルリーニ より一部引用)
※若干数字、商品はわかりやすいように変えましたw

あなたは、8000円、6000円の

バック、どれを買いたくなりますか?
この結果は・・・・半々だそうです。
 
では、8000円のバックを意図的に購入させるためには、
あなたならどうしますか?
 
10000円、8000円、6000円の価格帯を設定します。
 
なんとこの結果でいうと、
6000円の購入者は20%まで減るそうです。
 
実際に美容室のクライアントをもっていたとき、
トリートメントメニューを考える機会があって、
この心理を応用したことがありました。
 
当初、2メニューで構成されていて、
1000円のクイックトリートメント、
2500円の3ステップトリートメントで、
なかなかトリートメント単価が上がらず、、悩んでおりました。
 
そこで、変えたのが、
1000円のクイックとリートメント、
2500円の3ステップトリートメント、
4000円のオーダーメイドトリートメントってな感じです。
結果はどうだったか???
やはり、1000円のメニューは40%→18%になり、
2500円、4000円のメニューが80%となったのです。
ネットビジネスにおいても、情報商材にしろ、
松・竹・梅の考え方で構成し、一番売りたいものを、
竹にもってくる。そういったところから価格設定を
考えていくのもいいのかも知れないですね~☆
cg02

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。