社会的証明の原理の事例

いや~今日は台風一過でしたね。。。

恥ずかしい話、社会人のなりたてのころまで、

台風一過を台風一家だと思っておりましたw

 

なんか、転勤ばかりする家族、みたいな意味合いかとw

 

もし、そう思ってたよ、という人、今すぐFB友達なりましょ☆

 

さてさて、今回は「社会的証明の原理」に基づいた事例をご紹介していきますね。

上記の原理をおさらいしておくと、

第3者の行動がその人の意思決定に影響を与える、という効果でしたよね。

例えば、体験談、権威のある方からの声もそうですね。

 

その他にもこんな事例がありました。

 

あなたはこれ、どちらが電話なりそうだと思いますか?

 

A 「オペレーターがお待ちしています。今すぐお電話ください。」

B 「注文が大変込み合います。オペレーターにつながらない場合は、

恐れ入りますが、繰り返しお電話ください。」

 

よく、目にするのはAだと思います。

 

しかし、あるサプリのチラシでは、

「注文が大変込み合います」といった表現でした。

 

Aの場合の印象として、オペレーターが待ち構えていて、

手持ち無沙汰に感じる人もいるかもしれません。

 

一方、Bの場合はどうでしょうか?ひっきりなしにかかってくる

オペレーターがイメージできるのではないでしょうか?

 

 

これを社会的原理の法則の当てはめてみると、Bは、

「皆が買っている商品」=「価値ある商品」

といったイメージを喚起させるのでしょう。

 

結果、Bの方が購入者が倍増したようです。

 

ネットビジネスににおいても、

上記の観点で考えると、

今すぐ購入というボタンの下などに、

【※ご注文が集中しており、つながりにくい場合がございます】

などの文言を入れるだけでも、社会的証明の原理に当てはめる事が

できますよね〜。

images (1)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。