王道だけがお客様がつくとおもったら大違い

こんにちわ。

あっきんです。

今日はいつも昼に行く近くにある喫茶店について。

コーヒーが180円つい最近までは安い方に入っていたのかも知れませんが、
近くにセブンイレブンができてから、値段での勝負でいうと負けますよね。

けど、お昼時になるとお客様が耐えないのです。

なんででしょうね。

大きく理由は2つかなと。

①全席喫煙が可能

②接客のおもしろさ

【全席喫煙が可能】

今はどこのカフェでも喫煙ができなくなっている中で、(分けていたり)
喫煙できる喫茶店で、コーヒーを飲みながら、雑誌・新聞を読む、
そんな空間に需要があり、サラリーマンが圧倒的多いです。

まあ立地によりけりなのは確かですが、
そういったターゲティングをおこなっているのは確かですね。

【接客のおもしろさ】

大体僕はミックスジュースかコーヒーを注文するのですが、
今日はあえてこういった質問をしてみました。

「店のおすすめなんかあります?」

大体、返してくる返事って、当店ではこのカフェオレがおすすめです、とか
甘いものかそうでないものかどちらが好みですか?なんて
質問をしてあったものを勧める、といったことってよくしがちですよね?!

けどここの店「そりゃ全部でしょ!」

といった回答でしたw

まあ、王道というよりかは、いやいや全部ってw

な訳ないですやん。と。

突っ込みどころ満載だったのですが、笑ってしまい、僕は普通に
ミックスジュースを注文したのです。

もちろんお客様によってはきちんと教えてほしい、であったり
人それぞれでありますが、そんな王道な回答より、
さっきの「全部」のほうが個人的にはおもろかったので、
満足度は高かったのかなと。

何が言いたいかというと、王道の接客をすれば満足してくれる、
といった意識ではなく、そのお客様の距離感にあった接し方、
これが、僕は個人経営において、チェーン店と差別化を図る上で
重要なことなんじゃないかな、と思います。

ネットビジネスにおいては、顧客とのキャッチボールというよりかは、
一方的な発信がはじめは多いと思いますが、
文章の中にもっと自分の色・キャラを出せるように、
この人面白いな〜なんて感情を動かせるようなライティングを
心がけていこうと思ったりしました。

P.S.今ツイッターマーケティングもしているのですが、
ユーザーがどういったツイートだと反応を示してくれて
リツイートしてくれるのか、それがタイムリーに見れるので面白いですね。

まだまだ1万フォロワー弱ですが、ここでのテストマーケティングの
事例などもまたアップしていこうと思います^^
images

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。