夢の国ディズ二ーのポップコーンってなぜ売れるのか?

こんにちは、今日はミッキーではなく、

ランド内にあるポップコーンに注目してみました。

どうやってお客様の目を引きつけ購入に結びつけているか?

 

歩いて回ると塩味、カレー味、醤油味、キャラメル味など

たくさんの味がしかも1つの屋台に集約されておらず点々と

していますよね?

 

あれって、実は意図してそうしているんです。。。。

 

■購入する判断をふやすためなんです

そうなんです、じつは購入する判断を増やすためなんです。

あちこち回っていてどこの店にも同じポップコーンが販売されていたら

関心がなくなります。そこであえて店ごとバラバラに販売する事によって

買おうかどうかという味の判断をする回数が増える訳ですよね?

 

よって、判断する回数が多いほど、購入してくれる確率が高くなる訳です。

 

また、なぜ、屋台でつくっているのでしょう?

 

■シズル感をふんだんに演出できるから

ガラスのなかで作り、溢れかえる瞬間など、お客様の目に触れて

もらうことで、購買意欲をそそっています。またできたてが証明できるので、

それだけでも食べたくなりますよね。

あの現場の香ばしい香りがたまらない~~w

 

ちなみに僕は醤油派ですw

 

あとはですね~容器です。

スーベニアバケットという容器が1500円で販売されていますね。

これもっているとポップコーンが多少安く変えたりするんです。

 

■使わないともったいない権利を販売

行動動機として使わないともったいないという心理を生み出しています。

これってよくセミナーでも無料のものと多種なりとも有料のもの、

受講する意識ってちがってくると思いませんか?

こういう権利は有料で配った方が価値は感じてもらいやすいようです。

通販などでも、無料サンプルと有料サンプル、どちらが使用率が高いか、これも

そういうことかも知れませんね~。

あ、ディズニーに戻しますね。

ということで、容器を購入することで、いろんな味を楽しみたいとか次回も

またディズに言ったときに持っていく→せっかくだから購入しないともったいない

みたいな、状態を創り出し、販売につなげているんだと思います。

 

ん~さすが夢の国ですな~w

e0023512_8523912

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。