スーツカン●ニーでの販売スキルを体験w

あっきんです。

 

昨日、スーツカンパニーに行ってきました。

 

別に購入するつもりはなかったのですが、

何と何と去年来ていた冬用のズボンが入らない・・・

 

おなかが苦しすぎて。。。

 

やはり30代になったとたん、

おなかの肉が急につきはじめました。。。

 

てな感じで、1着安いのでいいから買っておこう

という感じで買いにいったんです。

 

もう閉店間際だったので、結講店員さんとは話が弾んだんですね。

 

店長さんだったんですが、まんまとセールストークにのせられた、

という話です^^

 

さすがプロのテクニックだなあと、思ったところを書いていきます。

 

基本的に普段はスーツというかジャケパンスタイルなので、

あまりスーツの生地などは気にしないのですが、

いろいろ詳しそうな店員さんだったので、

高いのと安いスーツ何が違うか、聞いてみたんです。
「では一度着てみますか?」と、言われ、

まず着せられたのが、購入予定額より2倍もするスーツです。

 

確かに着てみたら、着ごこちやらフィット感がすごく違いがわかります。

 

なんかちょっと光沢もあるし、

できる人オーラだせるかもwと調子に乗っていた自分w

で、自分が求めていた、値段のスーツを探そうとしたんですが、

それは着させたまま、ではこのスーツはどうですかね?

などと話をしてくるのです。

 

そこで、その時、僕ははっと、、、

「これは希少性の原理を使ってきているな」

と思ったのです。

 

そうやってずっと着させることで、自分のものとの認識をさせていき、

愛着を持たせる作戦かコノヤロ〜。と。

 

これ以上、下のランクのスーツを購入するという気持ちにさせない

ようにしてきたのです。

 

ビジネスの現場でも、

例えばオフィスコンビニは最初1万円無料なので

置かせてくれませんか?とか、スマホを契約する時でも

音楽のサービスが1ヶ月無料ですのでどうですか?

 

と案内されて契約した事もあるのですが、一度使ってしまうと

その後、やめたときそれ以上の損失がある苦痛を感じてしまうのですね。

 

で、結局、予定の2倍するスーツを購入し、帰ってきて嫁さんに

なんて言われたかは言うまでもありません・・・w

 

こういった感じで、

体験と原理原則を重ね合わせて考えていくとおもしろいですね^^

o0800056712501212206

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。