自分の環境を強みにするとビジネスアイデアが溢れ出てくる、野菜クレヨンの話

野菜クレヨン

久々の更新です^^

最近、チャリンコで40分くらいのところに温泉が出来たので、
行ってきました。温泉とはいえ、都会の温泉と称する施設は

風呂の数は7個8個と非常に多いのですが、実際その中の
温泉って、1個だけなんですよね。そう源泉は1個の風呂だけ。

けど、温泉とチラシでは謳っていて、結構反響を呼んでいました。

まあ、いいんですけどね。

源泉はやはり温まりが違いますね。その他の風呂も炭酸風呂とか、
電気風呂とかあって、とても快適でした。

てか、、風呂の話をしようとおもって書いているんじゃないんですw
だた、お陰で記事のネタができたんですけどね。

風呂に浸かっている時、テレビが備え付けられていて,
浸かりながら見れるコーナがありまして。

堂本剛さんと羽鳥さん、あとはジャニーズのメンツが出ている
番組だったのですが、非常におもしろい番組でして、僕ものぼせながら
見入っていたんです。

どんな内容かというと、一人の子育てしている母親が、働きたいけど、
なかなか時間に合う仕事は無い、かといって何かしたいから、
ビジネスを自分でしてみようと思って、

どこにでもいるような主婦なんですが、考え方ひとつで億のお金を
生み出す事のできるビジネス案を思いついて成功に導いた、
っていう話なんです。

で、どういったビジネスを考えたかというと、
子どもに安全、安心なクレヨンをつくろう、と思ったそうです。

それは、子どもが以前に書いた絵を財布にしまっていて、
その絵をふとした時に見て、ポンと閃いたそうです。

安全安心を追求するためには色をどうやって出すか?ですよね?
そこで思いついたのが、野菜から取れる色をつかったクレヨンです。

勿論野菜なので、とれる季節によっては色が違ってきます。

ただ、この方の発想は、四季によって色が違う野菜クレヨンがあっても
それはそれで楽しいんじゃね?という発想なのです。

いや~ものは弱みと思えど、実はそれが強みでもあるということを
思い知らされました。

ていうか、クレヨン作るのに野菜を使うのってどうなの?
食べるものなので、なんか、もったいない気がするんだけど。

っていう声が出てきそうですね。

それが、野菜でも売り物にならない廃棄対象のもので作るんです。
だから農家さんもウィンですね。

だって、いままで捨てていたものが売り物になるわけですからね。

こうして、徐々に使う野菜も増やして、色の追加をしていくようです。

と、ここ5ヶ月位テレビを見ていなかったのですが、
風呂に浸かりながら見入ってしまったので、
後半のぼせそうになっていました。

・自分の環境を強みにする
・捨てるものに注目する
・弱みだからこそ強みがあるという視点で物事を見る

この3つを風呂に浸かりながら学ばせて頂きました。

800円の入浴料でこれだけの価値を持って帰れたw

 

ではでは!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。