介護業界でもダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)は必須

介護

さしぶりに投稿します^^

 

ダイレクトマーケティングはやっぱり社会を豊かにするなって思います。

最近高校の友人の結婚式があり、行ってきました。

余興を頼まれてましたが、毎回ほぼ当日に考えます(苦笑)

今回で7回目の余興w

毎回の結婚式でしているせいか、

当日の考えるもクオリティが上がってきているような気がします。

そんな余興の打ち合わせの予定で、結婚式の3時間前に集まったのですが、

友人の一人が会社をやめて先輩と一緒に会社を立ち上げる、

といった話が興味深かったので、その話を聞いていました。

 

あまり作業療法士のことは知らなかったのですが、直接は患者さんに対して営業はかけれないみたい。

なぜかというと、ケアマネージャーという職種があり、名前のごとく、ケア全般をみたときに、

この患者は介護?作業療法?その他?なにが向いているかを的確に判断し、結果、作業療法が

合っているとなれば仕事の依頼がくる、そんな流れらしいのです。

友人は依頼が増えれば月90万弱の給料が手に入る、と言います。

 

90万=稼働日数20日×45000円

※この試算は合ってないかも

 

45000円稼ごうと思うと確か1日10件位は回らないといけないみたいです。

労働型ですね。

 

あ・・・なんか稼ぐって言い方もおかしいですね・・・・

それと、別に仕事マインドを否定しているわけでは無いんですが、

もっとその前に仕組みを作らないとちょっと危険かなと。

 

もしその先輩と一緒に会社立ち上げてやっていくにしても、

・現状ケアマネのブレーンは何人いるのか?

・ケアマネから月に平均何人の紹介をもらっている?

※チラシを渡しているのであれば、配布数に対してそのチラシで依頼がきた数

までわかればベスト

・一人当たりの平均報酬費用

・その後の離脱率

 

上記がみえてないと、おそらく感覚的に紹介をもらい、ただ現場で療法を続けているだけ、

という風になりかねない。まだその他改善ポイントはあるとおもうが、

このダイレクトレスポンスマーケティングの発想は絶対持つべきである。

ダウンロード (1)

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。