売れる商品はコンセプトが一貫していること

最近色々な商品をリサーチしているのだが、売れる商品って、

コンセプトが一貫しているって思う。

例えば、ラッシュの信念はこう。

concept

安全性を謳い、商品のイメージが手作り感満載。

デザインが女性の心理をくすぐりますね。

 

かといって200ミリサイズのシャンプーが2000円代だったりで

そんなに高くないのです、ダイレクトレスポンスの観点からみると、

パッケージで興味性を煽り、店舗では商品を体験できるコーナがあり、

なんなら一度体験しよう〜♩となります。

 

仕上がりもすべすべ♩

香りもいいし、なんかカワイイ。値段もみたら、そんなに高くないじゃん、

買おっと♩となります。

 

パーッケージ、文字体、HPの作り、パンフレットの紙質とすべてが一貫して

コンセプトがブレていない。だから売れているのだろう。

(ちょっと最近は飽きられてきた傾向もあるけどね)

 

ヘアケアメーカーの場合、

メーカによっては、このシリーズは自然派で、このシリーズはカラー用でとか、

シリーズごとに商品コンセプトを分けたりするパターンもあるが、

それでは飛び抜けて売れることは無いと思う。

 

なぜなら一貫性がないから。

 

まあ、ファミレスに近いイメージですかね。

ラーメンも食べれるし、カレーも食べれるし、と言った感じでしょうか。

この場合、「これが食べたい」と食べ物に焦点はあたっていなく、

手軽さ、過ごしやすさ、

つまり、居心地もいいし、無難にファミレスでいいか、みたいな感覚ですね。

 

これをヘアケアでいうと、

お客様の生活にあわせた商品ラインナップを揃えています、かな。

 

今の時代、これではお客様のウォンツは引き出す事ができない。

引き出せるとしたら、大物女優などを使ってあの人が使っているんだったら、

とあこがれを抱かせ使用させる、なら兆しはあるが、費用対効果としてどうか、

要検討ですね。

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。