カーシェアのマッチングサービスについて

おもしろいビジネスモデルがありましたので、シェアします。

僕は、ある社長に、起業したければビジネスモデルをどれだけ
多く見ているか、それが重要だ、と言われた事が脳裏に焼き付いて
います。

なので暇をみてはネットサーフィンして、
このビジネスのキャッシュポイントはどこなのかな、
なんていう視点でみていたりしてました。

で、せっかくなのでこういった形でアウトプットしていき、
あなたにもビジネスモデル脳を鍛えるための一部にしていただけたら
と思ったので、随時アップしていきたいと思っています^^

ビジネスモデルのアイデアって何かっていうと、
社会の負となる部分を見極め、それを仕組みかし、
キャッシュポイントを見つけることですよね。
マーケティング用語でいうとベネフィットを
提供できている部分になりますね^^

その事例を多く知っていればいる程、
アイデアも出やすくなる事からいっぱい
知っておけよ〜なんて言われていました^^

ではでは、
僕がどんな暮らしをしているかも
知っていただきながら、本題へと入っていきますね^^

今僕は結講都会に住んでいて、
そんなに車が必要ない暮らしをしています。

が、5ヶ月前に子供が生まれ、そろそろ車が必要になってきたなあ
なんて思ってたりもします。

けど、まだ、乗ったとしても週2日乗るか乗らないかくらいだし、
いらんちゃいらんしな〜と思っていたり。(どっちやねんw)

僕はまだ所有していないですが、

おそらくこういった感じで車を所有している人って多いんじゃないかな
って思うんですよね。もっているけどあんまり使ってないなって人。

そこで調べていたら、こんなサイトみつけました。
「カフォレ」という、
借りたい人と貸したい人をマッチングさせるサイトです。
cafore

出品は無料。成約したら貸し手は落札価格の10%
借りたい人は手数料として、落札価格の5%、
つまり15%が運営者の利益になります。

レンタカー代は、
下手するとレンタカーの半額以下の値段で借りれたりします。

貸す側も空いているときに貸すので、お小遣い稼ぎになります。

よってお互いWINWINですよね。

僕も家の近所で受け渡しできそうな登録者をさがしていたら、

なんと、BMを一日8000円で貸すよ〜って人発見w

今度借りてみよ〜かな^^

こういったマッチングビジネスは今後も増えそうですね。

Facebookもそう考えたらそうなのかもしれない。

ただ友達と友達ではキャッシュポイントは見いだせない。

だから、マッチングは無料で、
より多くのユーザーを集めるプラットフォームを作り、
広告という形でのキャッシュを生む。

一方が価値を提供しているサービスに関しては
そのものでマージンという形をとり、
ユーザー同士がサービスを提供している訳でないプラットフォームなら、
ユーザー数を獲得し、広告収入という形態をとるという
感じでしょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。